投稿日:

初心者向け 格安スマホとは

テレビCMでも良く耳にする格安スマホ。
実際一般的なスマホとどのように異なるかご存知ですか。
格安スマホの基本について紹介します。

<格安スマホとは>

そもそも格安スマホとはどのようなスマホのことを言うのでしょうか。
一言でいえば、1か月の料金が通常のものに比べてとても安いスマホです。

通常スマホにはSIMと言うICチップを内蔵しています。
このICチップによって携帯会社のキャリアが変更されます。
このSIMを安いキャリアのものにすることにより、格安でスマホ利用が可能になります。
スマホからSIMを外し、今まで持っているを入れ替えることも可能な場合がああります。

<SIMってなに>

先ほど出てきたSIMについて紹介します。
SIMとはスマホや携帯電話を通信させるために必ず必要となるものです。
このSIMがない場合にはスマホを所持していても何も通信が取れなくなってしまいます。
電話やメールもこのSIMがあることにより、行うことが出来ています。
SIMはスマホにとってかなり重要です。

<格安スマホの料金>

スマホの場合、料金は個人差もありますが安くても5000円~1万円を超えてしまう人もいます。
その一方で格安スマホでは1000円台から持てるものも中にはありあます。
かなりの差額です。

これだけ見ると、皆格安スマホが良く感じてしまいます。
加入しているものによって異なりはありますが、この価格が最低限の範囲での利用しか
出来ない場合があります。

例えば通信量です。

通信する場合wifiを使わず使用した場合には使える量がそれぞれあります。
1GAからスマホの場合20GA~まで使えるプランもあります。

しかし、格安スマホの場合、これが1GAのみしかついておらず、インターネットを使ったりする方にとっては足りないこともあります。

足りない分に関しては通信の制限が掛かったり、プラス料金が出るなど異なりはありますが、実際もとの最低価格で終わらない人もいます。

<格安スマホのメリット・デメリット>

格安スマホにした方が良いのかは人によって異なります。

メリットとしては 料金が安い、料金体系が分かりやすい
デメリットとしては 通信量が少ない、実店舗がなくアフターサービスが薄い

と、言う点です。

普段からあまりスマホを使わない方にはやはりおススメです。
しかし、その一方でアフターサービスなどが大手スマホに比べて少ないこともあります。
自分の携帯使用の頻度などをしっかりと見極めて選んで下さい。

投稿日:

地方在住で格安スマホを契約する時の注意点について。

格安スマホは通話品質やネットの速度は大手携帯電話会社と同じでありながら、月々の支払費用は場合によっては1000円台やそれ以下になるなどとても安くなります。

そのようなことからここ数年で大手携帯電話会社から格安スマホに切り替えるという人が増えています。

格安スマホの契約に関しては全国各地にある実店舗のほか、インターネットの公式ホームページやショッピングセンターなどで行われているキャンペーンで行うことが可能ですが、契約をするにあたっては自分で確認しなければいけないことも多く特に地方在住の場合は注意をしないと後で困ることが余分に出てくることもあるため、自分で大手携帯電話会社と格安スマホを比較してどちらが自分に適しているかを比べてから契約をすべきです。

現在格安スマホの実店舗は都会を中心に多くの会社が出しているのですが、地方では使用自体は可能なものの実店舗はなく契約や修理依頼、トラブル解決や解約などは全てコールセンターやインターネットを通じて行うことになります。

しかしコールセンターに関しては時期によっては電話をしてもつながりにくく、連絡がつくまで数日を要することもあります。

そのため故障や修理依頼など急を要する連絡に関して簡単にできず、その間はスマホが利用できるないということも考えられます。

また故障修理に関して実店舗があればその日のうちに代替え機を受け取って修理に出すことも可能ですが、電話やインターネットでしか受け付けできない場合には連絡をして代替え機が到着するまでに数日を要することもあります。

当然ながら修理する日数も発送が遅れてしまうことからその分修理の完了までの時間も遅くなってしまいます。

せっかく毎月安い使用料でスマホを利用できても不便な状態に追い込まれるようなことがあるのはよくないものです。

また機種によっては実店舗がすぐ近くにあっても修理を受け付けることができず、直接本体を製造販売しているメーカーに持ち込まなければいけないこともあります。

このようなメーカーの実店舗に関しても地方には存在していないことが多く、本体に何かトラブルがあれば数日使用不可になることもあります。

なので地方在住で格安スマホを利用する場合には故障した時のことを考えて大手携帯電話会社のガラケーを所有したり、あるいは家族の誰かはすぐに修理に持ち込める携帯電話会社のスマホを所有するなどして備えておく必要があるのです。

投稿日:

クレジットカードを持っていない人でも格安スマホを買う方法はある

スマートフォンを買う選択肢として今では格安スマートフォンや格安SIMを買ってスマートフォンデビューする人も増えてきており今では欠かせないキャリアとなってきています。

ただ懸念する要素も無い訳ではなくその内の1つとして決済方法について心配している人も見かけます。
調べてみると格安スマートフォンの決済方法はクレジットカード決済で利用料金を支払う会社も多くクレジットカードを持っていない人からすると少し敷居が高いと感じてしまうでしょう。

ですが実際はクレジットカード決済以外にも対応している格安スマートフォン会社も多い為世間のイメージとは裏腹にクレジットカードを持っていない人でも簡単に使う事は出来ます。

■デビットカードでの決済にも実は対応している

16歳以上なら無審査で発行出来て使える金額は口座の金額次第で変化するデビットカードも格安スマートフォンの月額料金の支払いに使う事も出来ます。

中には楽天モバイルの様に楽天銀行デビットカードやスルガ銀行デビットカードなら使用OKとしている会社もあるのでクレジットカードは持っていなくてもデビットカードでのお支払いも可能です。

ただし注意点もあるので油断は禁物です。

・申込みでカード登録する際には事務手数料(3~4000円程)は先に入金しカードが有効な状態にしておく事
・公式にOKとされている以外はあくまで裏技に近い形なのでデビットカードの使用と判明した場合はクレジットカードへの切り替えを求められる場合もある
・デビットカードの使用可能なのは利用料金の支払と端末一括購入の場合が多く、分割支払いには対応していないケースが殆どなので分割購入を考えているなら事前に端末を購入しておく必要がある

■口座振替に対応している会社も僅かながらある

カード決済以外にも数は少ないですが楽天モバイルやOCNモバイルUQモバイル等の一部の格安スマートフォン会社では口座振替で利用料金のお支払いに対応している会社もあります。

クレジットカード不要!口座振替が可能な格安SIMを比較

口座振替は自分の持っている銀行口座へ支払日までに利用料金を支払日までに入金しておけば後は支払日に引き落とされるのでクレジットカードを持っていない人でも利用する事が出来ます。

ただしこちらにも注意点はあるので場合によってはカードを作った方が早い上に使い勝手も良い時もあります。
・口座振替手数料が数百円程度だが追加されるので払う料金が増える
・会社によっては口座振替の申込だと専用用紙から申し込みをしないといけないので利用開始出来るまでに数週間程時間が掛かる事もある
・口座振替に対応しているのはデータSIMのみの会社もある

■クレジットカードを持っていなくても料金は支払える方法はあるので安心して使える

格安スマートフォン会社ではクレジットカード以外の決済にも対応している会社は増えてきているのでクレジットカードを持っていない人でも気軽に使える様になってきているのでサービス開始当初に比べると敷居はとても低くなっています。

後は気になる格安スマートフォン会社がクレジットカード以外にもこれらの決済を用意してあるかが使い始めのタイミングになります。
気になる会社があればまずは下調べした上で契約し格安スマートフォンを始めていきましょう。

投稿日:

DMMモバイル、節約したい男性にお勧めです

格安SIM、いろんなメーカーがありますが、節約したい男性にはDMMモバイルがおすすめです!

まずおすすめの理由その1です。
何と言っても料金が安い事です。
例えば10GBですが、データ通信のみであれば2190円。
音声通話を混みにしても、2890円と大変安いです。
大手通信業者の半分程度です。

おすすめ理由その2です。
DMMモバイルは容量を使い切っても、ちょっとは大丈夫です。
Youtubeなどの動画サービスを見過ぎて、パケットがなくなった。
200KBの低速通信は使えるけど、遅すぎてストレス。
ニュースサイトを見るのも億劫だ、、何てことありますよね?
その点を改善するため、DMMモバイルには、バースト機能があります。
この機能、低速通信になった時に威力を発揮しますが、低速通信時であっても、最初の数秒間だけ高速通信をしてくれるやさしい機能です。
そのため仮にパケットを使い切ったとしても、ニュースサイトなどの情報量が少ないサイトでは最初の数秒で一気に読み込んでくれるため、
ある程度はストレスなく使う事ができます。
動画などは難しいですが、まったく見れないよりかは安心な大丈夫機能です。

おすすめ理由その3ですが、ポイントがたまることです。
DMMではDMMポイント、というポイントサービスを運用しており、
貯まったポイントでDMMの各種サービスを受けることが可能です。
そんなDMMポイントですが、DMM Mobileであれば、この還元率が10%です。
つまり前述の10GBの音声であれば、毎月289ポイントもたまります。
そしてさらにクレジット決済にすると1%還元されますので、+28ポイントもたまります。
つまり何もしなくても10GB音声であれば毎月317ポイントが貯まる計算になります。

おすすめの理由その4です。
DMMはいろいろなサービスを展開しています。
Kindleのような電子書籍であったり、
アマゾン・楽天のような通信販売であったり、
TSUTAYAのような動画サービスやレンタルサービスであったり、様々です。
その各種サービスで、前述のDMMポイントを利用することが可能です。

例えば電子書籍。
1ポイント1円で使う事が出来ますし、商品も紙のものと同じように、安いものであれば600ポイントぐらいから購入できます。
つまり2ヶ月に1冊はほしい本が無料で買える計算になります。

動画も色々な分野のものがあります。(何が、というのはここでは差し控えますが、イロイロです。)
安いものであれば300ポイントからダウンロードができ永久に見れるものもあります。
1ヶ月に1度の楽しみとして吟味して選ぶことができます!
※なおすべてのサービスが利用できるわけではありませんので、詳しくは以下にて確認して頂ければと思います。
http://help.dmm.com/-/detail/=/qid=11109/

投稿日:

多数会社の参入で盛り上がりを見せる格安スマホ

私が格安スマホ会社を使い始めたのは約半年前です。

まず私の経験談からお話しすると、以前はドコモで月8000円ほどの料金でした。

格安スマホ会社はマイネオを利用しており、現在は月2000円にも行かない料金で使用できています。

ということは、月に6000円下がり、年間にすると72000円も節約することに成功しました。

使い心地に関しては、以前とほとんど変わっていません。お昼の12時は使う人が多い時間帯なので、回線が遅くなるということがよく言われていますが、確かに遅くはなりますが我慢できないレベルではありません。

お昼の12時を過ぎてしまえば、それ以外の時間は全く不便なく使うことが出来ています。

ほとんど同じ使い心地で、こんなにも安い料金で使用できるのに、なぜもっと早く移行しなかったのか後悔するレベルでした。

やはり格安スマホにする最大のメリットは料金が安くなるということです。

なぜこんなに料金を安く提供できるのかと言うと、主には店舗がない会社が多いので人件費や店舗の家賃などがかかっていないという理由と、通信回線を大手キャリアに借りているので、その維持費などがかからないということです。

回線を借りているというところから、通信が遅いということに繋がっています。

また、格安スマホ会社にはほとんど○年縛りといったようなものがないのも特徴です。

もちろんある会社もあります。あったとしても大手キャリアのように2年などの長期間ではないことがほとんどです。この縛りがないということは、気軽に会社変更でき、より自分にあったスマホ会社を選べるのでとてもありがたいです。

逆に何がデメリットになるかというと、店舗がない会社があるので故障やトラブルの時にすぐに対応することが出来ないという点があります。店舗がある会社で購入したらそれに困ることはないので、不安があるという人は、店舗を持っているスマホ会社で契約することをお勧めします。

店舗がない場合の対応は、例になりますが、代わりになるスマホが送られてきて、故障したスマホ本体を修理してくれるところに送付して修理してもらうということになるという会社が多いように思います。

手間にはなりますが、安い料金で利用するので、こういう点は仕方ないのかなあと思っています。私自身は、そもそもスマホの故障に出会ったことがないのと、最近のスマホは壊れることがあまりないそうなので、そこに関してはあまり心配していません。

ここ1年くらいで急激に利用者数を増やしている格安SIM会社ですが、これからもどんどん利用者は増えていく見込みとなっています。

最初の方に通信速度が遅いという点を挙げましたが、これはこれから利用者が増えていくにつれて改善されていくようです。

そうなれば、さらに使いやすくなりますよね。大手キャリアの安心感、安定感ももちろんあるのですが、使い心地の全然変わらない格安スマホをこれからも使用していきたいです。