itunes以外で個人が曲を売れる最新便利サイト・サービス8選

moneytization
LINEで送る
Pocket

初心者でもパソコンがあれば簡単に曲をつくれる時代となった昨今、それらの作品をネット上で発表できる場は増えました。

しかし、時間を割いて折角つくった曲ならば、マネタイズしたいもの。小銭程度でもお金になったら嬉しいし、モチベーションになるのではないでしょうか。

今回はそんな自分のつくった曲でマネタイズを考えている人にとって【便利過ぎる】最新サイトやサービスをまとめました。itunesだけではもう遅いですよ!

 

1.tunecore

tunecore
簡単な登録で世界111カ国に配信可能。
・最短2日
・¥1,410〜/曲
・¥4,750〜/アルバム
・売り上げは100%還元
一括で様々なサービス(itunes,beatport,spotify,amazonなど)に登録できるのは革命過ぎる。
http://www.tunecore.co.jp/

2.Bandcamp

bandcamp
・手数料15%
・自分で価格設定できる
※英語のみ
soundcloudや個人のアーティストサイトとの相性はいいものの、少し下火感。
http://bandcamp.com/

3.Audiostock

audiostock
・販売価格の 40% 〜 60% が報酬として支払われる
・効果音、BGM、ボイス、歌ものを販売できる
・場合によっては直接依頼がくることも?
・音楽投稿コミュニティ クレオフーガのグループサイト
楽曲よりも効果音とかボイスとか売る方がいいのかも。
http://audiostock.jp/

4.ニコニ・コモンズ

niconicomons
・素材販売のイメージ(二次創作文化の推進を目的としている)
・自分の楽曲(素材)が動画で使われるとポイント(現金に換金可能)がもらえる
自分の曲を買ってくれ!というよりは動画で使われやすい楽曲(素材)を狙って登録するイメージ。
http://commons.nicovideo.jp/

5.DOVA-SYNDROME

dove sydrome
・著作権フリーの音楽配信サイト
・多くの楽曲(素材)を登録することで、広告費と直接依頼を狙える。
規模としてそこまでも大きくないが、その分直接依頼が来やすいのかも。登録価値あり。
http://dova-s.jp/

非音楽特化サービス

音楽に特化していない【簡単決済系サービス】でもアイディア次第で音楽を販売することができる。
また、これらのサービスはソーシャルメディアとの親和性が強いので、ブログを初めフェイスブックやツイッターでフォロワーが多い人はバイラル効果を狙って販売すると良いだろう。

6.SPIKE

spike
・クレジットカード決済機能のリンクを作成して販売
・決済手数料無料(現在100万までだが、今後増やす予定)
決済手数料が【無料】という革命的なサービス。同業者は涙目か。
https://spike.cc/

7.note

note
・文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービス
・決済手数料は、売上金額の5%
・プラットフォーム利用料10%(売上金額から決済手数料引いた額)
→1,000円のアルバム販売で855円の収入((1000-50)-95=855)
ブログとしても使えるこのサービス。SNSの延長で課金できる簡単さがウリ。
https://note.mu/

8.BASE

base
・30秒で自分のネットショップが作成できるサービス
・初期、月額費用0円
・カード決済手数料3.6%+40円
月額費0円なので楽曲数がある人はとりあえず登録して、アーティストページとして販売すると面白いのでは。
https://thebase.in/

その他この手のサービスは後を絶たない状態ですが、おすすめのマネタイズ方法(有名アーティスト以外)は以上の8つになります。また、楽曲のタイプによって使い分ける(歌ものならtunecore,効果音ならニコニコモンズ…といったように)と良いかもしれません。参考までに。